• 2016.11.11
  • キッチンde ECO「キッチンから始める省エネ・節電講座」 はコメントを受け付けていません。

キッチンde ECO「キッチンから始める省エネ・節電講座」

北海道経済産業局さまからお声をかけていただいた、「キッチン de ECO」イベント
「キッチンから始める省エネ・節電講座」無事に終了いたしました!

今回の講座の目玉は、冷蔵庫を整理することが節電につながること、また食品の無駄な買いすぎを防止するのにも効果的で、ちょっとした工夫で「毎日きれい」が実現できる時短家事のコツをお伝えすることはもちろんなんですが、そこで作った下準備された野菜セット、一手間かけて保存しておいたお肉、そして簡単便利キューブのお出しを使って、包丁もまな板も使わずにとっても美味しいお食事の献立が簡単に出来ちゃう!というのを、みなさんの前で実践・試食していただく!というものです。

セミナー最初は、「冷蔵庫収納術で省エネ・節電」と題して、私が実際に冷蔵庫を使いながらレクチャーします。

広い会場で、後ろの席の皆さんにも見やすいように大きなモニターが準備されていて、こんな風にカメラマンさん手元を映してくださいました。

当日使った収容用品は、どこのお店のものか分かるようにあえてラベルを剥がさずに利用しました。参考になったら嬉しいです。

講座内でもお伝えしたエコのポイントはまずこの二つ!

  • 詰め込みすぎないこと
    冷蔵庫の奥や底が見えないほどギューギューではなく、エレガントに!
  • ドアの開閉を減らすこと
    冷気を逃さず、さっと出し、さっと入れる!必要なものがすぐに出せるようグルーピングも大事!

これはみなさんわかっていても、なかなか・・・というところですよね。
でも、ほんの一手間・ひと工夫でできることをたくさんお伝えしました。

冷蔵庫は、一年365日、一日24時間フル稼働している特別な家電です。

節電を意識して使うことは、冷蔵庫の長持ちにも繋がります。ぜひ節電を意識して使って見て、消費電力の比較をして見てくださいね!

スマートクッキング実演には、なごみの食卓の坂下美樹先生。

実際にお料理を作りながらのトークも楽しくって、栄養に関してや、食品をとる時のちょっとしたコツなんかも教えてくださってもっとお話し聞きたかったです。(二人一緒にステージにいた写真がなくて本当に残念)

当日のレシビで紹介された「きのこと栗のレンジおこわ」は、一人前をレンジでチン!!15分でできちゃうんです。

写真は会場に来てくれたお友達のFBからお借りしました。

その他の二品は、「グリルで焼くだけアボカドとトマトのグラタン」(上)、フライパンでお手軽ほうれん草のキッシュ(左)。

見た目も味もそんなに手間をかけずにできたとは思えない、時短レシピでお手軽食材ばかりでした!
これなら私にも作れるかもと、後ろで必死でメモをとっていました(笑)

毎日の食事が、ちょっとしたコツで暮らしを担う主婦の負担が少なく、しかもお得で環境にやさしいエコクッキングであれば、母のココロは幸せでいっぱい。

いつも忙しい女性が少しでもラクに楽しく家事ができるようになることで、家族も笑顔が増えるコト間違いなしですね。

主婦の一人として、働く女性の一人として、子育て中のママの一人として【暮らしをラクに楽しくする】を軸に活動させていただき今年で6年目。

やっぱり 衣食住・暮らしは繋がっているなぁ。と実感

今回の冷蔵庫整理講座は、その食と住が全て伝えられる特別なセミナーなんだと、改めて体感させていただきました。

以前もお料理教室とのコラボはありましたが、今回は実際に、私の冷蔵庫整理術がそのままエコクッキングへと繋がる、夢のような一日でした♡

貴重な経験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

こちらは、今回テキストとして使用させていただいた経済産業局で配布している省エネ冊子。

冷蔵庫の他にもエネルギーについての「へぇ——!!」がぎっちりです。
我が家でも取り入れている
・炊飯器の保温をやめる
・電気ポットも使わず、お湯はガスで沸かし保温ジャーに入れる
・主電源はコンセントを抜く
・家庭の使用電気量にあわせてアンベア数を変える etc・・・

経済産業局サイト内のこちらのページにダウンロードリンクがあります。

「冷蔵庫整理術」はご依頼いただければ開催しますし、私の開催するお片づけ講座(おうちスタイル・レッスン)では、上記のような節電につながるコツもお伝えしています。今回を逃した方、ご興味のある方はぜひお問い合わせください!

それにしても、ファクトリーホールは広かったです。

いつもは、お客様と同じ目線でのイベント・セミナーが多いので、壇上が高くお客様との距離かあったり・表情があまり見えなく、照明のライトがキラキラで(笑)ドキドキいたしましたが
・実際の様子や手元がみられて良かった
・主婦目線で、やりやすい裏ワザがいっぱいでした。
・整理収納とエコクッキングが繋がっていて現実味があった
・12月から職場復帰なのでやってみます!!
・試食が美味しかった〜!!   など
会場でお声をかけていただいたり、メールやFBのメッセンジャーなどでもコメントをいただきました。直接いただける感想は嬉しいですし、本当に励みになります。ありがとうございました。

私がこの講座で大事にしているのは、ただ見た目をきれいに、ということではありません。今はおしゃれで可愛く使い勝手もよいお手頃価格な収納用品が手に入りますが、収納用品も買う必要はありません。

たとえば、牛乳パックを切って、可愛いマスキングテープを貼ったりしたも可愛いですし、おうちで余っている布をステックのりで貼り付けもできます。

これだったら幼稚園年中さんのお子さんと一緒に工作気分で作れます。可愛くてとってある空き箱も、仕舞い込まずに使ってくださいね。

こういう時間が子供との楽しい時間になったり、暮らしの中で、【有るものを有効利用する】本当の意味でのECOに繋がる時間なのかな。と感じています。

そして、お子さんにとってもお母さんとのそういう時間が大事になります。こういう環境への意識は、教えて身につくことではなくて、「そういう」暮らしをしていることで身につく習慣のようなモノです。

何か足りなければ【買えばいい】と安易に考えてしまいがちですが、最終的に最後まで使い切ることを考えてモノは吟味して選びそして、大切に使いきりたいですね。

大根一本も、全部食べきれるか?
もしかしたら割高かもしれないけれど、半分ずつにして新鮮なうちに食べきる。
こんな判断も必要です。

だって、一週間冷蔵庫に入っている大根の栄養価は皆無・・・ということは、栄養のない食材=廃材を食していること。これは、食材から大切な命をいただいていることにならないのです。

世の中は便利になったけれど、自分にとって必要なモノは何か!!!!!を知る。そんなきっかけになっていただけたら嬉しいです。
今回の企画にお声をかけてくださった広告代理店の方をはじめ関係者様、そしてこんな素敵なイベントを企画してくださった北海道経済産業局様、本当にありがとうございました。

そして、会場に足を運んでくださった皆さま。ありがとうございました!

お客様や、お片づけの仲間、そして昨年一緒にお仕事をさせていただいた札幌市の「生ゴミ削減プロジェクト」の担当の方までいらしてくださいました。

これからも、省エネ・節電が自分のこととして興味をもってもらえるように、そして効果を実感してくれる人が増えるよう微力ながらセミナーや講座でも活動させていただきます!

整理収納アドバイザー・おうちスタイリスト®︎ 米村大子

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る